イントラムロス移民局本庁でACRIカードゲット

手続き
dav_vivid

先日アンヘレスで初回の観光ビザ延長(ビザなし滞在期間延長 30日→59日)を行ったばかりだが、ACRIカードを取得するために、2回目のビザ更新を行ってきた。

申請場所

行ったのはイントラムロスにある、 移民局(Bureau of Immigration) の本部(main office)。ACRIカードの発行は、アンヘレスの移民局で行うと、郵送処理などで1カ月かかると聞いたので本庁へ行った。

イントラムロスにある移民局本部。7時ちょい過ぎには入れた。カメラの設定を何かいじったのか写真にHUAWEIのいらないロゴが・・・

前日イントラムロス入りしホテルにチェックイン。夜のキアポなどをちょこっと観光し、朝に備えた。

開庁時間は8時だと思ったが、このブログを見ると、午前7時ごろには開いてると知って早めに行くことにした。7時ちょい前につくと既に少し行列ができており、7:18に客を入れ始めた。

申請手順

今回は2回目の延長申請だが、手続きの流れ自体はアンヘレスで行ったのと同じ流れだった。

受付で申請書をもらう。アンヘレスで書いたやつと微妙にフォーマットが違った。Express Laneの選択欄とかあった。

申請書。アンへレスで書いたやつと似てるけど微妙に違った

受付に持っていくと、抜けてる場所を指摘してくれる。延長期間を1カ月か2カ月か選んで Number of Requestのところに書けということだったので、なんとなく2カ月にしてみた(01か02と記入)。

番号札を申請書にホッチキスして渡される。受付番号は05番だった(本日5人目)。

Visa extention assessment (窓口番号32-35)
電光掲示板に受付番号が表示されたら受付番号の横に表示された窓口に行く。パスポートと申請書を提出。パスポートは預けたまま、Certificationの用紙2枚と金額の書かれたレシートをもらう。今回は 6539ペソ+1500ペソ(Express料金)で合計8039ペソだった。けっこうな額だ。

Cashew section(26-28)

まだ窓口の人がいなくて少し待つ。支払い完了し、1時間後に30番窓口へ行けとのこと。

(うんこがしたくなって、一度ホテルにもどった。後で庁舎に入るときのセキュリティチェックでは、先ほどもらったCertificationの用紙を見せた)

Visa extention releasing(30-31)

ちょうど一時間後ぐらいに、名前が呼ばれて(電光掲示板に表示されて)、窓口へ。シールが貼られたパスポートを受け取る。が、ACRIカードをもらってない。もらってないんですけどというと、30分後にまた来いと言われた(で30分後に受け取りできた)。

はじめてのACRIカードゲット!

パスポートの滞在期間シールも新たに追加。前回APR 19だったのがJUN-19まで2カ月延びた

まとめ

アンヘレスだとカードをもらうまでに1カ月かかると言われたACRIカードをマニライントラムロスの本庁だと1日、申請後1時間で完了した。

アンヘレスで1回目の延長を行った、3日後にイントラムロス本庁で2回目の延長ができた。(ただし本来?は、”VISA延長を申請できるのは失行日の1週間前”かららしいので、これが正しい手順で毎回OKなのかは謎)

とりあえず取得してしまったACRIカードだが、出国時や再入国時の扱いが未だよくわかっていない。出国時には空港で返却して、次回フィリピンに来たときは一から作り直し?ACRIカード自体の期間は1年あるのに、そんな入出国するたびに作り直しとか海外旅行できんですよね。取り扱いを間違うと(ずっと期限切れのままほったらかしにとか)ブラックリストに載って再入国できなくなるとか危険もあるかも?この辺の調査は、今後の課題。

コメント

タイトルとURLをコピーしました