WorldRemitとTransferWiseを使ってみた

国際送金

フィリピンへの送金で、WorldRemit(ワールドレミット)とTransferWise(トランスファーワイズ)という2つの送金サービスを使ってみたメモ。これまでセブン銀行、SBIレミット、GCashRemitを使ってきたが、それらに比べてもさらに手数料が安い。

WorldRemit(ワールドレミット)

WorldRemit(ワールドレミット)はロンドンに本拠を置くオンラインの国際送金の会社だ。2017年から日本でもサービスを開始した( 参考 )。フィリピンにお金を送るのに利用することができる。

Money Transfer - Send Money Online | WorldRemit
Online money transfer to family and friends abroad with WorldRemit. You can now send money easily & securely and get your first 3 transactions FEE-FREE.

特徴、使ってみた感想をまとめるとこんな感じになる。

手数料が安い
〇入金にデビッドカードが利用可
×入金が銀行振り込みの方法だと処理が遅い。
〇受け取りは、銀行口座の他、現金受け取り拠点やモバイルマネーでの受け取りも対応
×日本語対応なし
×本人確認手続きがイマイチわかりにくい

◎手数料が安い

適応為替レートは、SBIレミットやGCashRemitと大差ないが、送金手数料が150円~となっており、フィリピンへの送金では、おそらく現状トータルコストで最安。特に少額の送金では圧倒的に安い

〇入金にデビッドカードが利用可

送金するお金の入金は、銀行振り込みかデビッドカードが利用可能だ。

デビッドカードだと、即時に処理が行われるようで、とても早い。試しにフィリピンの自分のGCash宛に送金してみたが、WorldRemitのWebサイトで送金指示完了後、5分もかからずにSMSで完了通知が来て、スマフォのGCashアプリ上で残高が増えたのが確認できた。

×銀行振り込みだと処理が遅い

デビッドカードを使わず、銀行振り込みで入金した場合は、リファレンスナンバーを自分の名前につけて、指定された銀行口座に送金することになる。銀行振り込みの方法も試してみたが、(日本のWorldRemitの指定口座の)着金確認がかなり遅かった。お昼に送金したのが夜になってようやく着金になった。

〇受け取りは、銀行口座の他、現金受け取り拠点やモバイルマネーも対応

フィリピンでの受け取りは、銀行振り込みの他に、Mlhuillier、Cebuana といった現金受け取り拠点で受け取りが可能。私は、現金受取での送金をまだ行っていないが、今度機会があったら試してみたい。(2019/6/15追記、自分宛に送金してCebuanaで受け取ってみたが簡単だった)

フィリピンへの送金→Cash pickup in the Philippines

その他にモバイルマネー(GCash)での受け取りが可能だ。GCashは試してみたが、5分もかからず着金確認できて、とても早い。次回からGCashへのCash-InはWorldRemitでやろうと思う。

×日本語対応なし

口座開設の手続きからWebサイトでの操作は全部英語となる。カスタマーサポートの日本語窓口もない。

問い合わせ先

お金のからむことだし、トラブったときに日本語が使えないのは、不安がある。私は以前セブン銀行からの送金で、相手の名前を一文字間違えてしまって相手が受け取れなかったことがある。この時は、カスタマーサポート(日本語対応)に電話して直してもらったが、もしこれが英語だったら、もっと手間取っていたと思う。

×本人確認手続きがイマイチわかりにくい

口座開設手続きがイマイチわかりにくかった。いや、わかりにくいこともないのだが、混乱した。本人確認書類のアップロード、郵便(簡易書留)で住所確認の2つが必要で、これが終わらないと送金できない。

送金できないのに送金指示は行うことができ、私の場合指定された銀行口座に振り込みまで行ってしまった。配達記録の住所確認が完了するまで3日ほどペンディング状態だった。

また、「本人確認の書類をアップロードしてくださいね」「本人確認作業をしてます」というemailが届くのだが、スパムフォルダに入っていてしばらく気付かなかった。

参考

World Remitについて -格安で海外送金・デビットカード送金対応ー - 投資家医師 TOM のグローバル資産運用
当ブログでは、たびたび海外送金について触れています。 海外送金総論 今回は、格安サービスの一つであるWorld Remitについて紹介します。   World Remit...

TransferWise(トランスファーワイズ)

TransferWise(トランスファーワイズ)もロンドンに本拠を置く国際送金サービスの会社だ( 参考 )。

優良為替レートで手数料も安い。ただし、受け取りには銀行口座が必要なので、(銀行口座を持っていない)フィリピーナ宛の送金には使えない。

Transfer Money Online | Send Money Abroad with TransferWise
Banks charge a lot for overseas transfers. We don't. Transfer money abroad easily and quickly with our low cost money transfers.
為替レートがよい、コストが安く明確
受け取りには銀行口座が必要
〇日本語対応あり
〇初回送金も比較的スムーズ

◎為替レートがよい、コストが安く明確

トランスファーワイズの提供する為替レートは他社のように上乗せがなく、仲根で提供している。それにプラス手数料という分かりやすい手数料体系をとっている。手数料も抑えられており、トータルコストではSBIレミットやGCashRemitより安い。

出展(価格比較)

TransferWiseのコスト比較ツール。よく見るとWorldRemitとSBIRemitの手数料が現在の実際と異なっているが、安さの順番的には正しい。

トランスファーズワイズの手数料が具体的にいくらとはっきり書いたページが見つからなかったのだが、計算ツールで試したところJPY→PHPの手数料は、402円+0.75%程度と思われる。なお、2019年3月から手数料が変更になった模様  参考

△受け取りは銀行口座かモバイルマネー(現地受け取り拠点はなし)

受け取りにはフィリピンの銀行口座が必要。なので、銀行口座を持っていないフィリピーナに送金するのには使えない。私は先日BDOに口座を作ったので、自分のBDO口座宛に送金してみた。

トランスファーワイズのWebサイトで送金指示を行うと、振込先の銀行口座を指示されるので、振込人(自分の名前)に指定された番号をつけて振込を行う。

昼飯の前に送金指示と銀行振り込みをして、昼飯から帰ってみると、もうフィリピンの自分の銀行口座への送金が完了していた。BDOオンラインで確認すると、入出金履歴には即時に反映されていなかったが、残高が増えているのが確認できた。

2019/11 追記。モバイルマネー(Paymaya、GCash)への送金も可能になった。試しにPaymayaに送金してみたらちゃんと送金できたよ。

〇日本語対応あり

トランスファーワイズは日本語のWebサイト、日本語でのカスタマーサポートがある。

問い合わせ窓口

また利用者も着実に増えているようで、知名度もそこそこあって、日本語で解説したブログもたくさんある。

〇初回送金も比較的スムーズ

細かい手順は忘れてしまったが、本人確認書類をアップロードし、郵便で住所確認を行う(送られてきた簡易書留の手紙に書かれたアクティベーションコードをWebサイトで入力)。

トランスファーワイズは、1回目10万円以下の送金は、住所確認完了前でも行うことができる。

TODO デビッドカード対応してるっぽい?

まとめ

以上、WorldRemitとTransferwiseという送金サービスを使ってみた感想を書いた。これまで使ってきた送金サービスより割安に送金できるのが実際確認できた。まだ数回しか送金してないので、使い勝手や他の問題点があるかもしれないが、その際には追記する。

次回、フィリピーナから送金依頼があった場合の少額送金(5000円とか1万円とか)はWorldRemitを使おうと思う。一方、もう少し大きなお金を自分のBDO銀行宛に送るのは、TransferWiseを使っていく予定。

参考 国際送金サービス (サイト内)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました