アンヘレスで語学留学

“もっと英語が話せれば、女の子とコミュニケーションが取れるのに”

そう思ったあなた、語学留学はいかが?弾丸旅行では難しいが、1週間以上時間が作れるなら一考の余地あり。

アンヘレスは観光する場所が少なく、ゴーゴー行く以外にすることがなく暇だという人にもどうだろう。昼は学校で英語学習、夜はバーホッピングしながら実践英会話と、語学学習と夜遊び一石二鳥のアンヘなんてのもありではないだろうか

アンヘレスの語学学校

一石二鳥はさておき。もし語学留学をしたい場合、学校を選びは留学ラジオさんのWEBサイトがオススメだ。

クラーク留学でオススメの語学学校
クラークでオススメの語学学校まとめ。治安が良いと評判のクラークに留学した生徒のリアルな口コミ体験談。クラークは韓国人経営の学校が多く、ネイティブ講師が多いです。安全なエリアでオススメ!

このサイトは留学エージェントではなく、学校からキックバックや宣伝費などもらってないので、嘘くさいステマやヨイショ記事がない。

アンヘレスで、私が行ったことがある学校を2つ紹介しておく。参考まで(数年前の感想なので、今は大分変わっているかも)。

〇ラーク〇ィリピン〇学院

エロブログから紹介されエロ関連の学校と思われても迷惑かもしれないので、フルネームは伏せておく。私がこの学校を選んだ理由はウォーキングストリートから近かったから(単純w)。徒歩でWSまで行けるのはこの学校ぐらいだろう。

この学校は先生が全員ネイティブで、人生経験豊富なおっさんが多く話が興味深かった。ゴーゴー嬢というものがいかに恐ろしいものであるかもここで教えてもらった。一方、プロの英語教師というよりは、引退したおっさんが趣味で英語を教えてるみたいな感もあった。私が行った時は日本トップの大学から留学生か何人か来ており、彼らは満足していたので、感じ方は人次第だろう。

食事は昼と夜、学校すぐ近くの湯布院で食べれるのでgood (語学学校の飯はくそマズイところもある。湯布院さんで毎日食べれるなんて素晴らしいこと)。

一つ思い出として、この学校ではナイトクラスという自由参加のグループクラスがあった。日によってクラスでやることはマチマチなのだが、ある日生徒の一人がゴーゴーバーへ行きたいと言い出した。で、課外授業でみんなでゴーゴーバーへ行った。この立地ならではというかフリーダムというか。

ワーニング:いかにWS徒歩圏といえども、生徒の大多数は語学目的だ。WSの存在を知らない人、ゴーゴー的なお店は嫌いという生徒も男女問わずいる。誰彼構わずエロエロ話をするのは避けた方が無難だと思う

EGアカデミー

EGアカデミーという南の方の学校へも行った。WSからは遠い。私がこの学校を選んだ理由はゴルフコースというものがあったから。ゴルフコースでは、英語のレッスンに加え毎日ゴルフのレッスンがある。学校のすぐ隣にドライビングレンジがあり、毎日1時間レッスンプロ(フィリピン人)がマンツーマンで教えてくれる。それ以外の時間でも好きな時間にドライビングレンジに行き自由練習ができる。

また、トライクで5~10分ぐらいの距離にロイヤルガーデンというゴルフ場がある。ここはハーフだけでも回れて、昼下がりに行ってさっと9Hだけ回るなんてこともできた。

なお、この学校は門限があり、外泊にも許可が必要なので、夜遊びには向かない。ただ、学校のすぐそばにビデオケバーがあり、夜、門限前にそこでおねーちゃんとビールを飲むといったことは可能。ちなみにこのビデオケバーのカラオケが深夜までうるさく、特に近い方の学校の宿舎は騒音が問題になっていたのだが、今は解決したのだろうか?

フィリピンの語学学校

アンヘレスとは関係ないが、私が行った思い出の語学学校をついでに2校紹介しておく(数年前の感想なので、今は大分変わっているかも)。

CNE1 (タ―ラック)

私が初めて語学留学したのは、タ―ラックにあるCNE1という語学学校。というか初めてフィリピンに行ったのは、ここに留学するためだった。この学校は先生の採用や教育がかなりしっかりしている印象。ここで受けた発音レッスンはなかなかよかった。

なお、学校のまわりは田舎で何もなく、夜遊びには全く向かない。雑念を払い、英語学習に集中したい人向け。

NILS (セブ)

そのしばらく後に行ったのがセブにあるNILS。正直ここは、先生の質がよくなかった。が、別の点で、私には思い出の学校。

というのは、私がはじめて海外風俗デビューしたのはここがきっかけだったから。週末学校が終わった後、バッチメイトにビキニバーに連れて行ってもらったのがはじめてだった。衝撃を受けた。そして今やこんなことに・・・

その他

余談だが、もし語学学校に留学してみようかなと思う、おっさんの方にアドバイス的なものを

  • LineとFB:LineとFB Messangerは使えるようにしておくべき。初老のおっさんぐらいの年代だと、未だガラケー、emailのみという方もいるかもしれないが、学校での連絡や、生徒同士の連絡に、これらSNSが使われることが多いので是非インストールしておこう。
  • 小規模校:若者が大多数の大規模校だと、初老ぐらいのおっさんは肩身がせまい思いをすることがある。明るい性格のおっさんなら全く問題ないが、コミュ障タイプの人は、日本人オーナーの小規模校がオススメ。比較的ハブられる可能性が少ない。
  • 夜遊び:英語学習もしたいけど、夜遊びもしたいという人は、繁華街に近くで、門限のない学校を選ぶといいだろう。セブで言えばマンゴー、クラークならWS近くか。だが、そういう繁華街に近い学校というのは、(上で書いたアンヘの学校は違うが)生徒はチャラチャラしており、先生もやる気なかったりするパターンもある
  • 期待はしすぎずに:1週間やそこらで英語力が劇的に上がるなんてことはあり得ない。ただ、留学というイベントを設定することで、語学学習のモチベーションが上がるのが大きい。また、もし留学未経験であれば、はじめての留学は貴重な経験になるはず。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました